So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

カードゲーム・スピード [カードゲーム]

いつ、どこで買ったか覚えていないんですが、多分原宿あたりかな。

トランプのスピードというゲームがありますが、それの専用カードというところです。

マーク、マークの数、色のどれかがあっていれば場にカードを重ねていけて、

自分の山札がなくなればおわりです。

手詰まりになることがあまりないのでとにかくスピードを競い合います。

最初は狂ったように兄弟でやっていましたが、

勝敗がきまってくるので、カード数を調節して遊んでいました。

刺激にだんだん飽きてくるのか、出番が少なくなっていますが、

また何かの拍子にやるんじゃないですかね。

でも、トランプあるから、今度はそっちでやればいいのかな。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハローキティ パズルアンドゲーム日本地図 [ボードゲーム]

これは、かなり昔に祖父母がくれたものです。
日本地図を覚えなさいという意味だったと思うのですが、ちっとも覚えませんでしたねえ。
でも日本地図の形は頭に入ったとおもうので、むだじゃなかったと思うんですよ。

遊び方は大きく3つ

普通にすごろくで日本一周するゲーム東京スタートで太平洋沿いを西へ向かい、
沖縄から日本海側にそって北上、北海道をくるっとまわって太平洋側を東京へもどります。

スタート時に新幹線・特急・飛行機。オールマイティカードをもっていて、
止まったマスが飛行機のある場所だとそのカードが使えて、飛行場のあるマスだけを通って早くすすめます。

マスの中には「カード」と書かれたマスもあってここに止まると山札からカードを引けます。
ここには飛行機・新幹線・特急・オールマイティの他に不幸のカードもあって、
全員10マスもどるとか、指名されたプレーヤーが10マス戻るなど不幸がおきたりします。

マスには地名が書いてあったんですが、あんまり読みませんでしたねえ。
だれを指名するかでかなりもめたり、泣いたりしましたが、いい経験です。


つぎは、お買いものゲーム。
お買いものカードがマスにわりあてられていて、長野ならりんごとか。さらに色でグループわけされています。
自分の色をきめて、すごろくで日本地図を回りながら、指定されたお買い物をして東京に戻ります。
このとき、進み方は右回りでも左回りでもいいです。
飛行機などのカードも割り当てられた分だけですが使えます。


最後はパズル、地方別と都道府県別があります。北海道は大きいので地方別になっていました。
ボードに地方別をおいて、その上に都道府県別をのっけられるようになっています。


かなり子ども達が気に入って遊びましたよ。多分ボードゲーム好きになったのは、このおかげでしょうね。
今は廃盤になっているようで、残念です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レイルロード・ラッシュアワー(Railroad Rush Hour) [ボードゲーム]

ラッシュアワーの方は今でも輸入して販売しているようですが、
それの電車版であるこちらは、今は輸入していないようですね。
Amazon.comとかなら売っていたから絶版ではないようです。

遊び方はラッシュアワーと同じで、カードと同じ配置に電車たちを置いて、レールに沿って動かしながら
目的の赤い機関車をボードから外に出すというもの。

カード(問題)は50問あって、小手調べのジュニアが10枚、本番が40枚。
番号順に難しくなるんですが、小学生たちは20番台でギブアップしていましたね。

中学生は間を飛ばして40番に挑戦して挫折してました。
大人はさすがに全クリアしましたが、もう一度できないかも・・・手順複雑で覚えられないし。

おもちゃ屋さんボーネルンドの店頭でお試しできたので、気に入って買いました。
結論からいうと、あんまりやりませんでしたね。

それでも、誰かがやりはじめると、兄弟がよってきて、「俺も、俺も」となるんですね。
やっぱり魅力あるんでしょうか?

個人的には考えながら実際に電車を動かすところと、一人で遊べるところが好きなんですが
知恵の輪に似ていて、相当好きじゃないと、わざわざやらないってことかな。

やらないから捨てようと何度も思ったけど、捨てられないですねえ、
取り出すとあそんじゃうんだよね。

こちらは車バージョンのラッシュアワー




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハリガリ [その他]

これは、いつ買ったのかわすれちゃったんですが、
受けると思って購入した割に受けなかった部類ですね。

カードが54枚と、ベルが一個はいっていまして、ベルは受付なんかで人がいないとき鳴らす「チン!」というやつなので、我が家では「チン!しよう」というとこのゲームを指します。電子レンジではありません。

真ん中にピエロのカードを裏返しておいて、一人ずつめくっていき、同じカードがそろったらベルを鳴らし、一番早くベルを鳴らした人が場のカードをすべてもらえる。カードがなくなったら終わり。
多分基本ルールだと思うのですが、これで遊んでいました。

なんでウケなかったかというと、強い人が固定していて、下の子が勝てなかったから。
実力が伯仲していないとおもしろくないですが、真ん中がたいてい買ってしまうので、おもしろくなかったんですね。

友達とかきたときは、それなりに受けていましたが、なんといってもベルが楽しいので、単なるベルの鳴らしあい(そろってなくても鳴らす)になってゲームにならないこともよくありましたね。

きっと、足し算がはいる普通のハリガリの方が楽しかったと思います。
ジュニアは反射神経だけになってしまいますから。

ジュニアはこちら。
爽快なベルの音がゲームを盛り上げるアミーゴ社カードゲーム ハリガリ・ジュニア


普通のハリガリはこちら
ゲーム・ハリガリ日本語版【即日発送可能】


nice!(0)  コメント(0) 

キンダーメモリー [カードゲーム]

久しぶりにおもちゃの整理していたらでてきました。

これは66枚のカードが2枚一組になっていて、それを裏返しておいて、
同じカードをあてていくという遊びをするものです。

要するに神経衰弱なんですが、なにがいいかというと、絵なので幼児でもできるのと
カードに厚みがあって小さいので、子どもでもめくりやすいことでしょうか。

うちでは2歳からやっていました。最初はカードの組を減らして4枚からスタートすると
子どもが勝ったりできるのでおすすめです。
うちでは最盛期は1か月くらい子ども3人と私で毎日やっていました。
小学生なんぞ、すぐに親よりうまくなりますな。最初は手加減してたのに。くそーという感じです。

絵柄は「りんご」とか「アイスクリーム」「飛行機」など子どもがよろこびそうなのもいいですね。
中には虫食いリンゴもあったりして、ちょっとりんごとまぎらわしかったりするのも
遊び心を感じて好きです。

大きくなるとトランプでほとんどのことはできてしまうので、使わなくなったんですが、
絵がきれいなんで、なんとなくとってあるんです。
そろそろ誰かにあげましょうかね。


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。